キアラセルco2ゲルの効果


kiara_ttl2.jpg

キアラセルCO2ゲルの成分デキストリン

キアラセルCO2ゲルの成分デキストリンは、皮膚への吸着剤として広く使われています。

デキストリン
参照: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

デキストリン (dextrin) は、数個のα-グルコースがグリコシド結合によって重合した物質の総称で、かつては糊精(こせい)とも呼ばれた。食物繊維の一種であり、デンプンの加水分解により得られる。多糖に分類され、デンプンとマルトースの中間にあたる。

性質:
構造中に多数のヒドロキシル基を持つため水溶性である。ただし、分子量の増加とともに水への溶解性は低下していく(難溶性デキストリン)。また、生体内では、アミラーゼによってマルトースに分解され、最終的にグルコースとなる。

利用:
粉状化粧品の固形化や、エキスの顆粒化、粘度の調整、皮膚への吸着剤として用いられている。人体に悪影響を与えず、さらに便秘解消やダイエットの効果もあるとされ、健康食品にも利用されている。
posted by キアラセルco2 | キアラセルCO2の成分
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。